観光案内

 

寿都町周辺の観光案内

寿都町の見どころガイドマップ

map

弁慶岬

benkei

町の最西端に位置する弁慶岬は「狩場・茂津多道立自然公園」の中にあり、伝説と夕日の名所として知られています。遠く狩場 山・茂津多・積丹・雷電の岬を一望できる景勝の地で、夕暮れとともに灯をともす「弁慶岬灯台」も、落日の景勝をより詩情豊かなものにしています。また、駐 車場・休憩所・トイレのある弁慶岬公園には、伝統とロマンを秘めた武蔵坊弁慶の銅像も建立されています。


北海道文化財指定 カクジュウ佐藤家

kakujyu1義経の家臣、佐藤継信の末裔(まつえい)が明治初期に建てた漁場建築の代表的な建築物。  現在でも人が住んでおり、ニシン場時代の資料や文献が大切に保管されています。


鰊(ニシン)御殿

nishingoten2H131.10.15鰊御殿といえば、一般的には網元 や漁師たちが寝泊りしていた建物をいいますが、この建物は、ここの漁場で「仕込屋」として商売をしていた橋本家の建物です。仕込屋というのは、網元や漁師 に品物や金を貸し、代金を数の子、身欠鰊、鰊粕等で返済してもらってこれを売る商売でした。
明治の初期、創業者橋本与作は長栄丸、金栄丸など五百国積みの自家弁財船で膨大な利益をあげ、当時で最高級の家を建てたのがこの建物です。
自分の出身地(福井県)本家の庄屋宅を模し、全建材を集めるのに3年、建築に4年の歳月をかけ明治12年に完成、総工費は当時で7万円を要したといわれています。(大正時代の豪邸で3千円程度)
床下には防湿のため6百表もの木炭をしきつめ、窓は当時ギヤマンといわれたガラスをオランダから取寄せるなど、豪華な調度品をそろえ、鰊にわきたつ浜と海の商人の盛時が渋い落着きの中にこめられています。

予め電話予約すれば、鰊御殿内を見学することができます。
電話番号 0136-64-5321


風力発電の風車群

kotobukinomiyakohuusya日本海に接する寿都町は風力発電でも有名な町です。
海外線沿いに11機の風車がゆっくりと力強く回っている姿を
見ることができます。


寿都温泉 ゆべつのゆ

yubetsunoyu_b天然温泉が気軽に楽しめる温泉施設です。
豊富な湯量と、さまざまな浴槽を完備、ゆったりとお湯につかれば
旅の疲れ癒えも、心の底からリラックスできます。


道の駅みなとま~れ寿都

pm1みなとま~れ寿都は、寿都漁港に隣接しており、漁港を一望できる道の駅です。80年以上の歴史を誇る、寿都町の名産品「生 炊きしらす佃煮」各種、新鮮なホッケを加工した糠ほっけや切込み、冬限定のホッケの飯寿しなど、水産加工品を販売しております。町で長年愛され続けてい る、寿都町生まれの「わかさ屋いも」などお菓子も販売しています。

海の幸の軽食やオリジナルのブレンドコーヒーなど、食事も可能です。

インフォメーションコーナーでは町の名所や飲食店、特産品などを調べることができるタッチパネルの検索システム、各種パンフレットも取り揃えています。


●上記の情報は以下のホームページより情報をいただきました。
詳しくは以下のホームページをご覧ください。
http://www.town.suttu.lg.jp/
ページトップへ